English School

アルファベット表記

正しいことよりも伝わることが大事です

日本人にとって英会話は簡単だとは言えません。日本語はアルファベット表記をする言語ではありませんし、五つの母音しか区別しません。英会話ではもっと多くの母音を区別する必要がありますし、英語には日本語にはない子音も多くあります。そもそも日本語を母国語とする人にとって、純粋な子音というものは意識しなければなかなか身に付けにくいという面があります。ほとんどの日本語の子音は直後に母音を伴っています。そのため、日本人は音節の区切りで一つの音だと認識していることが多いのです。小さな頃から英会話に接する機会があり、それほど苦労することなく英会話を身に付けた人たちもいます。しかしながら、一所懸命勉強して英会話を身に付けた日本人は、苦労して身に付けたという意識があります。それが必要以上に英会話に神経質になるもととなることがあります。

実際には様々な英語があります

英語と同じような文法構造をしていて、アルファベットで表記されるヨーロッパの言語を母国語とする人たちと比べて、ほとんどの日本人には英会話のハードルはかなり高いわけです。そのハードルを越えるには相当な努力が必要なのです。英語が身近なものになるまで、文法や発音に最新の注意を払い続けて英語を使い続けることになる場合もあります。しかし、それがもとで英会話をしているときに相手の英語の発音や文法に必要以上にうるさくなってしまうのは残念なことです。実際には英語が母国語の人たちにも様々な方言があります。英語を生まれたときから話している人たちでも、日本人の話す英語の文法が正確かどうかを判断しながら話をする人などいません。話す内容がわかるかわからないかが問題なのです。逆に、本人がいくら一所懸命に勉強したつもりでも、ほとんどの日本人にとって英語は外国語です。生まれたときから英語を話している人たちの英語について、文法や発音の誤りとされる点に気付いても決して口にしてはいけません。結局言葉は学者やテキストによってつくられるものではなく、それを話す人たちによって自然と形づくられていくものなのですから。